TOP > 大塚製薬陸上競技部について

大塚製薬陸上競技部について

ご挨拶

大塚製薬工場の企業スポーツへの取り組みとして、1990年に大塚製薬陸上競技部は創設されました。練習環境に恵まれた徳島県鳴門市を本拠地としながら、合宿や海外派遣を効果的に行い、日本だけでなく、日本代表として世界の舞台で戦える選手の育成を行うことで、世界に通用するチームへと強化、育成することを目指しています。これからも大塚製薬陸上競技部への温かいご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

<私たちの目標>
1. 個々が自立し、高い志を持ち、日本を代表するチームになる。
2. 社員、地域のファンから愛され、応援されるチームになる。

陸上競技部部長兼女子部監督 河野 匡

経歴:徳島市立高と筑波大時代に長距離の障害種目を全国制覇し1982年アジア大会3,000m障害で優勝。他社のコーチを経て1990年に大塚製薬陸上競技部監督に就任。オリンピックや世界選手権の日本代表を多数送り出している。同部の指導の傍ら、2001年から日本陸連男子マラソン部長、2008年から長距離・ロード特別委員会副委員長を歴任。

選手の成長を促す環境

「大塚だからできること」「大塚にしかできないこと」を日々追求・実践でき、高い志を持って競技に取り組む環境があります。

トレーニング環境

専用のトレーニングルームを有し、初動負荷マシンをはじめ各種トレーニング機器が設置されています。

また低酸素室や反重力トレッドミルなど、最新のトレーニング機器も導入しています。また、会社周辺には鳴門・大塚スポーツパークをはじめ、妙見山や鳴門ウチノ海総合公園など、トレーニングに適した環境が多くあります。

左から低酸素室、反重力トレッドミル、初動負荷マシン

合宿や海外派遣

選手とチームの目標達成のために、積極的に合宿や海外派遣を行っています。

夏季・冬季の走り込みなどマラソンに向けての土台作りから、ターゲットとなる試合に向けた調整合宿まで目的ごとに適切な環境を求め、強化を実施しています。

左から時計回りに、海外での高地トレーニング、海外大会への派遣、合宿先の選手・スタッフと

選手専用寮

男子寮、女子寮は会社およびトレーニング環境から500m圏内にあり、「生活、トレーニング、勤務」がしやすい環境にあります。

食事は管理栄養士によって献立が作成され、適切に栄養管理がされています。また、必要な時には栄養指導も実施され、日々のトレーニングを精力的に行えるサポート体制になっています。

応援団

社員有志で構成され、関西実業団選手権、男女実業団駅伝、マラソンなどの国内主要大会のみならず、オリンピックや世界選手権など海外の大会にも、応援団が派遣されます。現地での力強いエールは選手たちのパワーの源となっています。

地域貢献活動

大塚製薬陸上競技部は、地域に愛されるチームを目指し、練習や合宿の合間に、さまざまな地域貢献活動を行っています。

東京都「夢・未来」プロジェクトでの体育授業実施

2015年、幼児・児童・生徒がアスリートとの直接交流を通じてスポーツの素晴らしさを実感し、夢や希望を持ち続けることができるよう、オリンピアンやパラリンピアン等を学校に派遣する「夢・未来」プロジェクトが、東京都教育委員会および生活文化局の主催で実施されました。そのなかの一つ「YOKOSO」プロジェクトとして、2015年10月、東京都内の小中学校に金丸祐三選手が招かれ、生徒らに保健体育の授業を行い、競技紹介や実技指導を通じて、交流を深めました。

男子400mで日本選手権11連覇を果たし、オリンピックや世界陸上などの経験も豊富な金丸選手は、生徒らに走行時の両腕の振り方やスタートの姿勢、バトンパスの仕方などの基本を具体的に、時に笑顔を交えながら指導。

“金丸先生”の授業を受けた生徒らは「普段の授業と違う貴重な体験ができてうれしい」「楽しく授業が受けられた。これからもスポーツを頑張ろうと思う」などと感想を話し、大きな刺激を受けた様子でした。

地元徳島県での陸上教室開催

地元の小中学校からの要望を受け、子どもたちへの陸上教室を開催しています。

2015年12月には、吉野川市の小学校で陸上教室を開催しました。翌週に持久走大会を控える児童に、走ることを通じて、走る技術や楽しさを伝えました。全員で準備運動を行った後、各学年に分かれて実技指導を行いました。選手たちが走るお手本を見せると、トップアスリートのスピードに驚きをみせた児童から大きな拍手と歓声が起こりました。その後、タイムトライアルが行われると、児童たちは全力でトラックを駆け抜け、それぞれ練習の成果を実感しました。

最後に児童の代表から、今日学んだことを実践し、持久走大会では速く走れるようがんばります、と選手たちにお礼の言葉が贈られました。

北海道での「さわやかランニング教室」開催

毎年、北海道の標茶町で行っている合宿中に「さわやかランニング教室」を開催しています。これは、地元の小学生以上を対象に、「日本一面積の大きい高校」として知られる標茶高校のグラウンドで実施しているものです。

ウオーミングアップをしてから、参加者全員でグラウンドを走ってコミュニケーションを図り、選手たちから陸上の基本動作や走るフォームなどの指導を行います。さらに瞬発力を高めるトレーニングを行った後、選手を含めた全員でリレー競走を実施しました。

「走ること」を楽しみ、ともに汗を流すこの取り組みは、地域貢献の一つとして、参加者に喜ばれています。

「徳島中長距離記録会」への協力

「徳島中長距離記録会」は、年6回の記録会を通して、徳島県や近県の中・高・大学生、さらに一般ランナーの競技力向上を目指すもので、大塚製薬陸上競技部はその運営に協力しています。

全員が審判免許を取得し毎年更新をしている部員たちが、この大会の各種審判業務をはじめ、時にはペースメーカーとしてレースを先導するなど、出場選手が目標達成できるよう後押しをしています。
徳島中長距離記録会

会社の一員として

私たちは、原則として、選手を大塚製薬工場の正社員として雇用しています。選手を全うした後も、社内各部署において活躍できる場を用意しています。1990年の創部から約40名のOBが社内各部署に在籍し経営の一翼を担う活躍をするとともに、陸上競技部の応援、職場における後輩たちのサポートを行っています。

会社で活躍する元選手たち