鼎談 2035年の日本の医療の形 ~「食べる、動く、交わる」を地域で支える医療へ~

鼎談 2035年の日本の医療の形 ~「食べる、動く、交わる」を地域で支える医療へ~

 

団塊の世代が85歳を超えて本格的に介護が必要となり、団塊ジュニアも65歳以上となる"2035年"、44都道府県で65歳以上の割合が30%を超え 、日本は高齢化のピークを迎えるとされています。地方では人口減少が急速に進行する一方、大都市圏の高齢化が顕著となり、地方と都市部の差が広がるなか、医療や介護をはじめとする地域社会の機能を維持するには、どのような対策が必要なのでしょうか。 2035年にはどのような社会が待ち受け、地域にはどのような変化が訪れるのか、そしてそこではどのような医療や介護の形が求められるのか、本webページ編集顧問の太田秀樹先生司会のもと、国立研究開発法人国立長寿医療研究センター名誉総長の大島伸一先生、一般社団法人未来医療研究機構代表理事の長谷川敏彦先生に討議いただきました。

 

記事本文はこちら

こちらには、国内の医療関係者を対象に医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報を掲載しています。
国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ
医療関係者向けサイトのご利用にあたって

医療関係者向けサイトのご利用に先立ち、以下の利用条件をご確認ください。
なお、利用を開始された後は、利用条件をご承諾いただいたものとみなさせていただきます。

このサイトは、日本で承認された内容に基づき、国内の医療関係者を対象に、当社の医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報提供を目的としています。
したがって、国外の医療関係者および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。

個々の患者さんの治療方針は、患者さんの特性や事情等を考慮し、患者さんと医療従事者が相談の上、決定されるものであり、このサイトの情報は、医師や薬剤師等の資格を持った医療従事者が行なう医学的なアドバイスやそれに代わる情報を提供するものではありません。

当社は、利用者がこのサイトを利用することに関連して生じた、いかなる損害もその責任を負いません。
なお、当社の運営するウェブサイトの利用について、以下もご確認ください。

サイトのご利用にあたって

TOP