最期を見据えながらより良い生き方・暮らし方を考える ~アドバンス・ケア・プランニングを正しく理解し実践する~

最期を見据えながらより良い生き方・暮らし方を考える ~アドバンス・ケア・プランニングを正しく理解し実践する~

 

2018年3月に『人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン』の改訂版が公表され、同年の診療報酬改定においては、同ガイドラインなどを踏まえて看取りの指針を定めることが、地域包括ケア病棟入院料などの算定要件に盛り込まれました。同ガイドラインには、諸外国で普及しつつあるアドバンス・ケア・プランニング(ACP)の概念が盛り込まれており、それに対する関心が急激に高まっています。ACPの本質、現状、そして今後の展望について、人生の最終段階の医療にかかわる第一人者の方々に話し合っていただきました。

 

会員サイトはこちら

こちらには、国内の医療関係者を対象に医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報を掲載しています。
国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ
医療関係者向けサイトのご利用にあたって

医療関係者向けサイトのご利用に先立ち、以下の利用条件をご確認ください。
なお、利用を開始された後は、利用条件をご承諾いただいたものとみなさせていただきます。

このサイトは、日本で承認された内容に基づき、国内の医療関係者を対象に、当社の医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報提供を目的としています。
したがって、国外の医療関係者および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。

個々の患者さんの治療方針は、患者さんの特性や事情等を考慮し、患者さんと医療従事者が相談の上、決定されるものであり、このサイトの情報は、医師や薬剤師等の資格を持った医療従事者が行なう医学的なアドバイスやそれに代わる情報を提供するものではありません。

当社は、利用者がこのサイトを利用することに関連して生じた、いかなる損害もその責任を負いません。
なお、当社の運営するウェブサイトの利用について、以下もご確認ください。

サイトのご利用にあたって

TOP