在宅医療の継続、非継続と日常生活自立度 ~入院関連機能障害(HAD)の観点から~

在宅医療の継続、非継続と日常生活自立度 ~入院関連機能障害(HAD)の観点から~

 

在宅医療の進展は、超高齢社会での持続可能な医療介護を構築するうえで欠くことのできない重要な課題といわれています。一方で、在宅医療として提供される多様なサービスの有効性は、まだ正しく評価されている段階ではなく、その科学的な礎を築くことが求められています。今回、老年医学の第一人者である鈴木隆雄先生に在宅医療における最新のエビデンス、入院関連機能障害とその対策など現状と課題についてお話をうかがいました。

 

記事本文はこちら

こちらには、国内の医療関係者を対象に医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報を掲載しています。
国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ
医療関係者向けサイトのご利用にあたって

医療関係者向けサイトのご利用に先立ち、以下の利用条件をご確認ください。
なお、利用を開始された後は、利用条件をご承諾いただいたものとみなさせていただきます。

このサイトは、日本で承認された内容に基づき、国内の医療関係者を対象に、当社の医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報提供を目的としています。
したがって、国外の医療関係者および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。

個々の患者さんの治療方針は、患者さんの特性や事情等を考慮し、患者さんと医療従事者が相談の上、決定されるものであり、このサイトの情報は、医師や薬剤師等の資格を持った医療従事者が行なう医学的なアドバイスやそれに代わる情報を提供するものではありません。

当社は、利用者がこのサイトを利用することに関連して生じた、いかなる損害もその責任を負いません。
なお、当社の運営するウェブサイトの利用について、以下もご確認ください。

サイトのご利用にあたって

TOP