災害時における薬剤師の役割 ~平成30年7月豪雨~

災害時における薬剤師の役割 ~平成30年7月豪雨~

 

西日本を中心に広い範囲に被害があった「平成30年7月豪雨」。岡山県では河川の氾濫や堤防の決壊による浸水、土砂災害が相次ぎ、全半壊家屋8,184棟、浸水家屋(床上・床下)7,068棟など、大きな被害に見舞われました。大小約450カ所の避難所が開設され、各地から医療チームが集まる中、岡山県薬剤師会の薬剤師たちは医薬品の供給体制を整え、避難所では薬の相談にとどまらない幅広い被災者ケアに奔走しました。

 

記事本文はこちら

こちらには、国内の医療関係者を対象に医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報を掲載しています。
国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ
医療関係者向けサイトのご利用にあたって

医療関係者向けサイトのご利用に先立ち、以下の利用条件をご確認ください。
なお、利用を開始された後は、利用条件をご承諾いただいたものとみなさせていただきます。

このサイトは、日本で承認された内容に基づき、国内の医療関係者を対象に、当社の医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報提供を目的としています。
したがって、国外の医療関係者および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。

個々の患者さんの治療方針は、患者さんの特性や事情等を考慮し、患者さんと医療従事者が相談の上、決定されるものであり、このサイトの情報は、医師や薬剤師等の資格を持った医療従事者が行なう医学的なアドバイスやそれに代わる情報を提供するものではありません。

当社は、利用者がこのサイトを利用することに関連して生じた、いかなる損害もその責任を負いません。
なお、当社の運営するウェブサイトの利用について、以下もご確認ください。

サイトのご利用にあたって

TOP