薬剤師とケアマネジャーによる在宅療養における服薬支援 ~古河モデル~

古河モデル_メインビジュアル.png

2018 年10 月にスタートした古河モデルは、介護支援専門員(以下、ケアマネジャー)と薬局薬剤師が連携し、在宅療養者の服薬にかかわる課題を解決する取り組みとして注目されています。古河モデルの連携システム、構築の背景、問題解決に至った事例などについて、一般社団法人全国薬剤師・在宅療養支援連絡会会長宇田和夫氏のご司会のもと、薬剤師の高橋真吾氏、医師でケアマネジャーの資格をもつ赤荻榮一先生、ケアマネジャーの渡邉久江氏に語っていただきました。

 

記事本文はこちら

こちらには、国内の医療関係者を対象に医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報を掲載しています。
国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ
医療関係者向けサイトのご利用にあたって

医療関係者向けサイトのご利用に先立ち、以下の利用条件をご確認ください。
なお、利用を開始された後は、利用条件をご承諾いただいたものとみなさせていただきます。

このサイトは、日本で承認された内容に基づき、国内の医療関係者を対象に、当社の医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報提供を目的としています。
したがって、国外の医療関係者および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。

個々の患者さんの治療方針は、患者さんの特性や事情等を考慮し、患者さんと医療従事者が相談の上、決定されるものであり、このサイトの情報は、医師や薬剤師等の資格を持った医療従事者が行なう医学的なアドバイスやそれに代わる情報を提供するものではありません。

当社は、利用者がこのサイトを利用することに関連して生じた、いかなる損害もその責任を負いません。
なお、当社の運営するウェブサイトの利用について、以下もご確認ください。

サイトのご利用にあたって

TOP