半農半介護で高齢者と障害者をまるごとケアする取り組み

半農半介護_メインビジュアル.png共生型サービスが法的に位置付けられた2017 年よりも以前に、障害者と認知症高齢者の共生型グループホームの必要性を感じて、行政との折衝を重ねてひとつ屋根の下で一体的なサービスを「まるごとケア」として提供したり、介護と農業を両立させた「半農半介護」に取り組むなど、斬新な発想で地域共生型社会のモデルとして全国から注目を集めているのが、NPO 法人「里・つむぎ八幡平」です。人口減少が続き高齢化率41.6%の過疎地域では、障害者も高齢者も赤ちゃんも動物もごちゃ混ぜに暮らしていくことが自然の営み、という法人理事長の髙橋和人さんにお話を伺いました。また、農業を基盤とする循環型福祉の素晴らしさや他地域への応用ポイントを、武田俊彦さん(一般社団法人日本在宅ケアアライアンス副理事長・元厚生労働省医政局長)にご紹介いただきました。

 

記事本文はこちら

こちらには、国内の医療関係者を対象に医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報を掲載しています。
国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ
医療関係者向けサイトのご利用にあたって

医療関係者向けサイトのご利用に先立ち、以下の利用条件をご確認ください。
なお、利用を開始された後は、利用条件をご承諾いただいたものとみなさせていただきます。

このサイトは、日本で承認された内容に基づき、国内の医療関係者を対象に、当社の医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報提供を目的としています。
したがって、国外の医療関係者および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。

個々の患者さんの治療方針は、患者さんの特性や事情等を考慮し、患者さんと医療従事者が相談の上、決定されるものであり、このサイトの情報は、医師や薬剤師等の資格を持った医療従事者が行なう医学的なアドバイスやそれに代わる情報を提供するものではありません。

当社は、利用者がこのサイトを利用することに関連して生じた、いかなる損害もその責任を負いません。
なお、当社の運営するウェブサイトの利用について、以下もご確認ください。

サイトのご利用にあたって

TOP