COVID-19 に関連する社会的課題
~行動制限・サービス制限から生じるコロナフレイル~

コロナフレイル_メインビジュアル.png

COVID-19 の感染拡大により2020 年4 月には全国に対して、2021 年1 月には東京都など11 都府県に対して緊急事態宣言が発出されました。重症化リスクの高い高齢者は、過剰な恐怖心から必要以上に外出を控える傾向があり、とくに最初の宣言発出時には、通所サービスの利用が大きく落ち込むといったことがありました。自粛生活の長期化による心身の機能低下は「コロナフレイル」と呼ばれます。十分な感染対策と並行し、高齢者がコロナフレイルに陥らないように工夫することが、地域を支える多職種に今、求められています。本稿ではCOVID-19 の感染拡大とその社会的な対策が及ぼした高齢者への影響とその対策について、東京大学高齢社会総合研究機構教授の飯島勝矢先生にお話しいただきました。

 

記事本文はこちら

こちらには、国内の医療関係者を対象に医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報を掲載しています。
国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ
医療関係者向けサイトのご利用にあたって

医療関係者向けサイトのご利用に先立ち、以下の利用条件をご確認ください。
なお、利用を開始された後は、利用条件をご承諾いただいたものとみなさせていただきます。

このサイトは、日本で承認された内容に基づき、国内の医療関係者を対象に、当社の医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報提供を目的としています。
したがって、国外の医療関係者および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。

個々の患者さんの治療方針は、患者さんの特性や事情等を考慮し、患者さんと医療従事者が相談の上、決定されるものであり、このサイトの情報は、医師や薬剤師等の資格を持った医療従事者が行なう医学的なアドバイスやそれに代わる情報を提供するものではありません。

当社は、利用者がこのサイトを利用することに関連して生じた、いかなる損害もその責任を負いません。
なお、当社の運営するウェブサイトの利用について、以下もご確認ください。

サイトのご利用にあたって

TOP