小規模多機能拠点における実践 従来型ケアからの展開

1_head_01_1020.png

日本の少子高齢化は進展し、核家族化、独居、高齢者のみの世帯が増加する中、老々介護や認認介護、孤独死などが社会問題となっています。そうした中、神奈川県藤沢市にある「ぐるんとびー」では、UR団地の中に小規模多機能居宅介護を置き、多世代を超えた取り組みで注目を浴びています。今回、高齢者の暮らしを支え、住民主体で地域づくりを展開し続ける菅原健介氏(株式会社ぐるんとびー代表取締役)と『Run&Up×地域包括ケアシステム』編集委員である髙橋紘士氏(東京通信大学 人間福祉学部 教授)をお迎えし、ぐるんとびーの試みについてお話しいただきました。

記事本文はこちら

こちらには、国内の医療関係者を対象に医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報を掲載しています。
国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ
医療関係者向けサイトのご利用にあたって

医療関係者向けサイトのご利用に先立ち、以下の利用条件をご確認ください。
なお、利用を開始された後は、利用条件をご承諾いただいたものとみなさせていただきます。

このサイトは、日本で承認された内容に基づき、国内の医療関係者を対象に、当社の医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報提供を目的としています。
したがって、国外の医療関係者および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。

個々の患者さんの治療方針は、患者さんの特性や事情等を考慮し、患者さんと医療従事者が相談の上、決定されるものであり、このサイトの情報は、医師や薬剤師等の資格を持った医療従事者が行なう医学的なアドバイスやそれに代わる情報を提供するものではありません。

当社は、利用者がこのサイトを利用することに関連して生じた、いかなる損害もその責任を負いません。
なお、当社の運営するウェブサイトの利用について、以下もご確認ください。

サイトのご利用にあたって

TOP