社会的孤立者(ひきこもり)が必要とする支援とは
~その課題と求められる視点~

1_head_01_1020.png

地域共生社会の実現が唱えられている昨今、社会から孤立し、必要な支援が受けられずにいる社会的孤立が問題となっています。在宅医療の現場でも、ひきこもり事例に遭遇することは決して珍しいことではありません。なぜ孤立してしまうのか、その存在にどう気づき、どう向き合っていけばいいのか。今回は、医師として自らセルフ・ネグレクト事例への医師アウトリーチに取り組む川越正平氏をファシリテーターに、当事者に取材を重ねてきたジャーナリストの池上正樹氏、そして社会的弱者支援に行政サイドから関わってこられた村木厚子氏に、課題と求められる視点について語っていただきました。

 

記事本文はこちら

こちらには、国内の医療関係者を対象に医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報を掲載しています。
国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ
医療関係者向けサイトのご利用にあたって

医療関係者向けサイトのご利用に先立ち、以下の利用条件をご確認ください。
なお、利用を開始された後は、利用条件をご承諾いただいたものとみなさせていただきます。

このサイトは、日本で承認された内容に基づき、国内の医療関係者を対象に、当社の医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報提供を目的としています。
したがって、国外の医療関係者および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。

個々の患者さんの治療方針は、患者さんの特性や事情等を考慮し、患者さんと医療従事者が相談の上、決定されるものであり、このサイトの情報は、医師や薬剤師等の資格を持った医療従事者が行なう医学的なアドバイスやそれに代わる情報を提供するものではありません。

当社は、利用者がこのサイトを利用することに関連して生じた、いかなる損害もその責任を負いません。
なお、当社の運営するウェブサイトの利用について、以下もご確認ください。

サイトのご利用にあたって

TOP