病院が核となったまちづくり
~来るべき超高齢社会を支える地域包括ケアシステムの構築~

1_head_01_1020.png

茨城県常陸大宮市に位置する医療法人博仁会志村大宮病院は、昭和26年に設立され、地域のニーズに応えるべく病院を中心に社会福祉法人や看護学校、介護関連用品などのレンタル・販売などを含む、志村フロイデグループとして事業展開してきました。
とくに急性期以後のリハビリテーションに力を入れ、同法人の基本理念でもある地域リハビリテーションを実践し、365日切れ目のないサービスを提供しています。中小病院は地域と運命共同体であるとして、病院が中核となってまちづくりに取り組み、行政や地域と密接な関係を築きながら地域包括ケアシステムの構築を進めています。今回、当グループの理事長 鈴木邦彦先生に、まちづくりのきっかけや現在の取り組み、今後の展望などについてお話をお伺いしました。

 

記事本文はこちら

こちらには、国内の医療関係者を対象に医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報を掲載しています。
国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ
医療関係者向けサイトのご利用にあたって

医療関係者向けサイトのご利用に先立ち、以下の利用条件をご確認ください。
なお、利用を開始された後は、利用条件をご承諾いただいたものとみなさせていただきます。

このサイトは、日本で承認された内容に基づき、国内の医療関係者を対象に、当社の医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報提供を目的としています。
したがって、国外の医療関係者および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。

個々の患者さんの治療方針は、患者さんの特性や事情等を考慮し、患者さんと医療従事者が相談の上、決定されるものであり、このサイトの情報は、医師や薬剤師等の資格を持った医療従事者が行なう医学的なアドバイスやそれに代わる情報を提供するものではありません。

当社は、利用者がこのサイトを利用することに関連して生じた、いかなる損害もその責任を負いません。
なお、当社の運営するウェブサイトの利用について、以下もご確認ください。

サイトのご利用にあたって

TOP