地域リハビリテーションは地域共生社会を目指す

1_head_01_1020.jpg

介護の専門職と、リハビリテーションの専門職―ともに地域ケアの仲間でありながら、双方がともに手を携えて活動する場面は、多くはないかもしれません。しかしながら、生活に寄り添う介護の存在は、地域リハビリテーションにおいて不可欠であり、リハビリテーションと介護の協働が求められているといえます。そこで今回は、地域リハビリテーションをテーマに、理学療法士、介護福祉士、そして在宅医の3者による鼎談を企画。地域のあらゆる人々、協力し合う、その活動の先にあるのは、「地域共生社会」であることが見えてきました。

 

記事本文はこちら

こちらには、国内の医療関係者を対象に医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報を掲載しています。
国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ
医療関係者向けサイトのご利用にあたって

医療関係者向けサイトのご利用に先立ち、以下の利用条件をご確認ください。
なお、利用を開始された後は、利用条件をご承諾いただいたものとみなさせていただきます。

このサイトは、日本で承認された内容に基づき、国内の医療関係者を対象に、当社の医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報提供を目的としています。
したがって、国外の医療関係者および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。

個々の患者さんの治療方針は、患者さんの特性や事情等を考慮し、患者さんと医療従事者が相談の上、決定されるものであり、このサイトの情報は、医師や薬剤師等の資格を持った医療従事者が行なう医学的なアドバイスやそれに代わる情報を提供するものではありません。

当社は、利用者がこのサイトを利用することに関連して生じた、いかなる損害もその責任を負いません。
なお、当社の運営するウェブサイトの利用について、以下もご確認ください。

サイトのご利用にあたって

TOP