リハビリテーション・機能訓練、口腔、栄養の連携と強化
~三位一体のケアへの取り組みと課題~

1_head_01_1020.png

令和3年度の介護報酬改定では、自立支援に向けた「リハビリテーション・機能訓練、口腔、栄養の取組の連携・強化」が重視されました。そこでは、それぞれ単独での取り組みではなく、リハビリテーション・機能訓練、口腔、栄養の3つが連携し、三位一体として運用されることで、より効果的な自立支援、重度化防止への取り組みが強化されていくことが求められています。
今回は日本歯科大学教授で口腔リハビリテーション多摩クリニック院長の菊谷武氏をファシリテーターに、リハビリテーション栄養の第一人者である若林秀隆氏、老健施設での栄養ケアに取り組む柳町子氏、ケアマネジャーである弓狩幸生氏に、それぞれの立場での取り組みや課題について、討論していただきました。

 

記事本文はこちら

こちらには、国内の医療関係者を対象に医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報を掲載しています。
国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ
医療関係者向けサイトのご利用にあたって

医療関係者向けサイトのご利用に先立ち、以下の利用条件をご確認ください。
なお、利用を開始された後は、利用条件をご承諾いただいたものとみなさせていただきます。

このサイトは、日本で承認された内容に基づき、国内の医療関係者を対象に、当社の医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報提供を目的としています。
したがって、国外の医療関係者および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。

個々の患者さんの治療方針は、患者さんの特性や事情等を考慮し、患者さんと医療従事者が相談の上、決定されるものであり、このサイトの情報は、医師や薬剤師等の資格を持った医療従事者が行なう医学的なアドバイスやそれに代わる情報を提供するものではありません。

当社は、利用者がこのサイトを利用することに関連して生じた、いかなる損害もその責任を負いません。
なお、当社の運営するウェブサイトの利用について、以下もご確認ください。

サイトのご利用にあたって

TOP