TOP > 大会結果・フォトギャラリー > 第67回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会

第67回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会

開催日:2019年9月20日~2019年9月22日 開催場所:大阪・長居
秦  将吾(9/20・男子1500mタイムレース決勝) 3分46秒28(2組2着・総合2位)
新井 和貴(9/20・男子J1500m決勝) 3分56秒37(3位)
宮木 快盛(9/20・男子J1500m決勝) 3分58秒12(4位)
福良 郁美(9/20・女子10000m決勝) 33分37秒91(1組9着・総合21着)
井上 彩花(9/20・女子10000m決勝) 33分45秒97(1組11着・総合23着)
川内 理江(9/20・女子10000m決勝) 35分33秒83(1組17着・総合33着)
金丸 祐三(9/21・男子400m予選2組) 49秒33(4着)予選敗退
松本  葵(9/21・男子3000mSC決勝) 8分47秒28(7位)※10回出場選手として表彰
打越 雄允(9/21・男子3000mSC決勝) 8分56秒26(11位)
秋山あみる(9/21・女子1500m決勝) 4分35秒86(9位)
藪田 裕衣(9/21・女子3000mSC決勝) 10分15秒65(3位)
秦  将吾(9/22・男子5000mタイムレース決勝) 13分59秒57(2組1着・総合17位)
野田 一貴(9/22・男子5000mタイムレース決勝) 14分17秒08(1組5着・総合42位)
上村 和生(9/22・男子5000mタイムレース決勝) 14分22秒57(1組12着・総合54位)
大室 秀樹(9/22・男子110mH予選) 13秒96(2組2着 +0.2m)決勝進出
大室 秀樹(9/22・男子110mH決勝) 14秒09(7位 -0.5m)
宮木 快盛(9/22・男子J5000m決勝) 14分50秒88(8位)
新井 和貴(9/22・男子J5000m決勝) 15分39秒68(20位)
横江 里沙(9/22・女子5000m決勝) 15分50秒08(1組1着・総合5位)
井上 彩花(9/22・女子5000m決勝) 16分15秒28(1組14着・総合29位)
福良 郁美(9/22・女子5000m決勝) 16分27秒31(1組21着・総合38位)
開催日:2019年9月20日~2019年9月22日 開催場所:大阪・長居

9月20日(金)~22日(日)に大阪・ヤンマースタジアム長居にて行われた、第67回日本実業団陸上競技対抗選手権大会の写真を掲載いたします。

大塚製薬からは男子9名、女子6名が出場し、男子1500mにて秦将吾選手が2位、男子Jr1500mにて新井和貴選手が3位、女子3000mSCにおいて藪田裕衣選手が3位と表彰台に上がったのをはじめ、11種目中7種目で入賞いたしました。

【1日目/男子1500m、男子Jr1500m、女子10000m】

☆男子1500mは昨年2位の秦選手が出場。前半集団後方で位置取りをしていた為、最後に巻き返しましたが届かず2位。昨年と同じ選手に競り負け、悔しい結果となりました。※クリックで別ウィンドウで表示●DSC_8863_2.jpg☆男子Jr1500mへはルーキーの宮木選手と昨年2位の新井選手が出場。新井選手がラスト100mで先頭に立ったものの、ゴールまで20mというところで再逆転され3位に。それでも2年連続で表彰台に上がりました。●DSC_8805_2.jpg

●DSC_8818_2.jpg☆女子10000mへは川内選手、井上選手、福良選手が出場。ペースが上がらなかった際には2人で先頭を引っ張るなどしましたが、後半で対応できず福良選手の組9着が最高でした。

●DSC_8961_2.jpg●DSC_8940_2.jpg

【2日目/男子400m、3000mSC、女子1500m、3000mSC】

☆故障からの復帰過程にある金丸選手が出場した400m。組4着で決勝に駒を進めることはできませんでしたが、まだまだ金丸選手の挑戦は続きます。●DSC_9057_2.jpg

☆男子3000mSCへは松本選手と打越選手が登場。速いペースでレースが展開しましたが、松本選手は粘りの走りで7位入賞。今大会で10年連続出場を果たし表彰を受けました。10回の出場中入賞が9回、うち表彰台に上がったのが6回と、10年に渡り実業団トップレベルで戦い続けています。●DSC_9285_2.jpg●DSC_9379_2.jpg☆夏以降のコンディショニングに苦戦していたルーキーの打越選手。それでも11位とまとめました。●DSC_9306_2.jpg☆女子3000mSCには前回優勝者の藪田選手。途中先頭に出ますが勝負を決めきることができず、本年は3位という成績でした。●DSC_9177_2.jpg

☆女子1500m、昨年8位に入賞している秋山選手。序盤から後続でのレースとなり、今年は9位でした。●DSC_9330_2.jpg

【3日目/男子5000m、110mH、Jr5000m、女子5000m】

☆110mHへは大室選手が出場。シーズンベストを狙える状態でしたが、決勝のウォーミングアップ中にハードルに脚を強打してしまった影響もあり、14秒09で7位となりました。●DSC_9401_2.jpg☆男子5000mには3名が出場。1組目では飛び出した選手を野田選手が積極的に追いかけましたが、届かず。●DSC_9591_2.jpg

☆後続の上村選手は組12着。秋に向け、状態を上げてきています。●DSC_9594_2.jpg

☆2組目の秦選手は残り300mからのスパートで組トップを獲得しました。●DSC_9616_2.jpg

☆男子Jr5000mでは、宮木選手(No.7)が最後まで粘って8位入賞。1年目の全日本実業団で2種目入賞を果たしました。

●DSC_9458_2.jpg☆女子5000mの横江選手は残り2000mからスパートして、15分50秒08の大塚製薬歴代3位をマーク。1組目ながら総合で5位入賞です。昨年のプリンセス駅伝での故障から戻ってきました。●DSC_9514_2.jpg●DSC_9539_2.jpg☆土曜、日曜は鳴門から応援団も駆けつけてくださいました。ご声援ありがとうございました!●DSC_9414_2.jpg●DSC_9322_2.jpg

大会結果・フォトギャラリーへ戻る▲

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年
2017年
2016年