HES

HESHES

ボルベン輸液6%に関連した情報を公開しております

公開資材

よくあるお問い合わせ
6%HES130/0.4製剤の腎機能への影響

監修 
東邦大学医療センター 麻酔科 
教授 小竹 良文 先生

掲載内容

Q.HES130/0.4製剤の投与に際して、腎機能へ注意が必要な患者層は?

Q.慎重投与の対象となる「重度の腎機能障害のある患者」の腎機能重症度の目安は?

Q.HESの安全性(腎機能)について検討したメタ解析情報は?

詳しくはこちら

  • 心臓外科手術時におけるボルベン輸液6%の有用性
    監修
    小倉記念病院
    救急部(麻酔科・集中治療部)
    瀬尾 勝弘 先生
  • 帝王切開における脊髄くも膜下麻酔時の低血圧に対するボルベン輸液6%(HES130/0.4)の有用性
    監修
    埼玉医科大総合資料センター
    産科麻酔科
    松田 祏典 先生
  • ボルベン輸液容量効果
    監修
    大阪市立大学大学院医学研究科
    麻酔科学講座
    末廣 浩一 先生
こちらには、国内の医療関係者を対象に医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報を掲載しています。
国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ
医療関係者向けサイトのご利用にあたって

医療関係者向けサイトのご利用に先立ち、以下の利用条件をご確認ください。
なお、利用を開始された後は、利用条件をご承諾いただいたものとみなさせていただきます。

このサイトは、日本で承認された内容に基づき、国内の医療関係者を対象に、当社の医療用医療品等を適正にご使用いただくための情報提供を目的としています。
したがって、国外の医療関係者および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありません。

個々の患者さんの治療方針は、患者さんの特性や事情等を考慮し、患者さんと医療従事者が相談の上、決定されるものであり、このサイトの情報は、医師や薬剤師等の資格を持った医療従事者が行なう医学的なアドバイスやそれに代わる情報を提供するものではありません。

当社は、利用者がこのサイトを利用することに関連して生じた、いかなる損害もその責任を負いません。
なお、当社の運営するウェブサイトの利用について、以下もご確認ください。

サイトのご利用にあたって

TOP