トップ > ニュースリリース一覧 > 間欠泌尿器用カテーテル「アクトリーン」を新発売

2021年12月20日

間欠泌尿器用カテーテル「アクトリーン」を新発売

株式会社大塚製薬工場(本社:徳島県鳴門市、代表取締役社長:小笠原 信一、以下「大塚製薬工場」)は、ビー・ブラウンエースクラップ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:藤原 武志、以下「BBAJ」)と独占販売契約を締結した、医療機器である間欠泌尿器用カテーテル「アクトリーン」(以下「本製品」)を、2022年1月26日より新発売いたします。

本製品は、尿意を失った方、通常排尿が困難な方の自己導尿の際にご使用いただく、カテーテル(管)とコネクタからなる単回使用カテーテルです。カテーテル表面には、親水性潤滑剤がコーティングされており、開封後すぐに使用できるとともに、患者さんの状態に合わせてお役立ていただけるよう、採尿バッグが一体化された製品もご用意するなど、開封・操作性に配慮した設計となっています。

超高齢社会を迎えた日本の介護領域においては、2021年介護報酬改定で排せつ支援加算が見直されるなど、排泄自立の重要性が認識されており、排泄ケアのニーズが高まっています。神経因性膀胱や前立腺肥大症などの下部尿路閉塞により残尿や閉塞をきたした場合には、膀胱に溜まった尿を一定の時間ごとに尿道口からカテーテルを挿入して体の外に排出する清潔間欠的導尿という方法が広く用いられており、在宅介護など院外でも使用しやすい親水性の単回使用できる製品が望まれていました。

BBAJは、ドイツに本社を置く、世界の医療分野のリーディングカンパニーであるB. Braunグループの日本法人として1986年に設立されました。日本、そして世界中の人々の健康を守り、向上させることをビジョンとして、B. Braunの多様な診療領域をカバーするソリューションを日本の医療現場にお届けすることで日本の医療に貢献しています。

大塚製薬工場は、"The Best Partner in Clinical Nutrition"(臨床栄養領域における患者さんや医療従事者のベストパートナーを目指す)を経営ビジョンとし、さらに、「予防・診断・治療・モニタリング」といったヘルスケアプロセス全体をカバーできるよう事業領域の拡大を進めています。そのなかで、膀胱内尿量を測定する医療機器「リリアム®α-200」を販売するなど、泌尿器・排尿領域製品の充実も図ってきました。私たちは今後も、患者さんの排泄ケアに貢献できる製品展開を進めてまいります。

大塚グループは、"Otsuka-people creating new products for better health worldwide"の企業理念のもと、世界の人々の健康に寄与してまいります。

※大塚製薬工場の子会社であるリリアム大塚が開発し2015年11月から販売を行っている膀胱用超音波画像診断装置(医療機器認証番号:227ADBZX00146000)

製品概要

製品名 アクトリーン
類別 機械器具51 医療用嘴管及び体液誘導管
一般名称 間欠泌尿器用カテーテル
医療機器区分 管理医療機器
クラス分類 クラスⅡ
使用目的又は効果 尿道経由で膀胱に挿入し、導尿、採尿に用いる。
包装 30本入り
保管方法 高温多湿、直射日光及び水濡れを避けて保管すること。

種類

カテーテル長(mm)

先端形状

外径(CH)
8 10 12 14 16
アクトリーン ハイライト カテ ネラトン 367 2孔ストレート
アクトリーン ハイライト カテ チーマン 367 2孔カーブ
アクトリーン ハイライト セット ネラトン 367 2孔ストレート
アクトリーン ミニ カテ 90 2孔ストレート
アクトリーン ミニ セット 90 2孔ストレート
アクトリーン製品CMS.jpg

最新のニュースリリース一覧へ